TOYCATS (トイキャッツ) 本文へジャンプ
HOME Live Information Gallary Members Monthly Room Live Report Links What's New
本文へジャンプ

使用機材:Instruments


●ギター:Guitars



 Valley Arts

SL-185






Ibanez

Roadstar-II Series





Ibanez

SAS363


【コメント】
1993年に購入 メインギター
Valley Arts製 Steve Lukather(TOTO)の本人レプリカもの。オリジナルは100万円近いはずなので約5分の1の値段。
(自分にとっては、)とても高額なギターであり、弾くこと自体、ビクビクしていたのだが、保存状態が悪いから表面にヒビ割れが・・・。それでも最も自分になじんでいるギターです。
【コメント】
1987年に購入
これはIbanez製のSteve Lukatther Model.
当時、この手の色を持っている人があまりいなかったので衝動買い。
EMG 85をピックアップに搭載させた。アームの位置が少し低いので自分の弾き方には、少しなじまなくなってきたかも。
【コメント】
2009年に購入
アクティブピックアップは、9Vの電池を交換しないといけないので、パッシブが欲しくなって購入。但し、弦をロックする機構が無いので、ライブでもそれなりにチューニングができる反面、フロイドローズじゃないので、思った以上にチューニングが狂ってしまうのが少し誤算。ま・・こまめにチューニングすればいいんだけど。。
でも最近、なじんできました。



●ギター エフェクター:Effector for Guitars


 
BOSS GT-8


【コメント】
2009年購入
BOSS製 ギター用マルチエフェクター
1989年より使い続けてきたYAMAHA FX900・・
音質的な問題は全くなかったんだけど、MIDIフットコントローラとボリュームペダルの接続でコードが多すぎて、困っていた所に探しあてたのがこれ。本気で使いこなすと、本当に色々な事ができる逸品だと思います。





●ベース:Bass




 Ibanez

SR5000SM






Fender Japan

Bass Fletless
Jaco Pastrias Model




Ibanez

RB999


【コメント】

Ibanez SR5000SM
'97年頃のSRシリーズハイエンドモデル。
サマンとウォルナットのラミネートボディ、ブビンガとウェンジのラミネートネック。ボディの縞はサマンの特徴らしいです。
時々D-チューナー活躍します。


【コメント】

Fender Jazz Bass フレットレス。'96年頃入手。安価なジャコパスモデル。Hip shot付きです。

【コメント】

Ibanez RB999 '87年位に中古で入手。始めて手にしたベース。意外と鳴ります。Hip Shotとゴトーペグに交換。





 南米民族楽器

チャランゴ









Famous

FU-180P ウクレレ







FERNANDES

Pie-zo




【コメント】
南米の民族楽器チャランゴ。10弦です。近所の楽器屋さんに交換用の弦があったのにはびっくりしました。
チャランゴの後ろ姿はアルマジロです。
本厚木駅前のフォルクローレバンド伝手で購入


【コメント】
Famous FU-180Pウクレレ。ハワイアンコアでよく鳴ります。4弦をオクターブ下げたオータさん仕様
【コメント】
FERNANDESのPie-zoです。ちょっとした練習用として、このところクルマに積んでます。別にはなわじゃないです。




ベース エフェクター: Effector for Bass  

 BOSS ME-6


【コメント】
マルチエフェクターME-6Bとボリュームペダル。10年以上経ってますが使いこなせてません(涙)


 KORG Ampworks bass



【コメント】
プリアンプ代わりに'05年に買ったもの。複数のエフェクトをかけても分けわかんなくなるので小さく簡単に持ち運び出来る事を優先してステージでも使い始めました。結構ドラスティックに音が変わるので、追々遊んでいこうと思ってます。




●シンセサイザー:Synthesizer


 KORG X50 (限定カモフラージュ柄♪)

【コメント】




●ドラム:Drums



Mirror Ball MAPLE (MUNETAKA HIGUCHI Limited Model) 14"×7.5"

【コメント】
初めて購入したスネア。20年以上前。勝手に"心の師"と仰いでいた「故・樋口宗孝」モデル。200台限定品。
一見、メタルスネアかと思うが、実はメイプルシェルにミラーボールがカバリングしてある。
深さは7.5インチと言う樋口宗孝氏こだわり(?)のサイズ。音は・・深い(笑)。けど抜けがある。ロックと言うかヘヴィメタ系にばっちり。
最近は、ヘッドをキツメに張ってパンパン+深胴の重い音が結構お気に入り。現在、京都のライブでのメイン・スネア。)







Pearl Hammered BRASS  14"×6.5"

【コメント】
ブラス系の音が好きで、ずっとFree Floatingのブラスを狙っていたが、後輩が購入したのでヤメ。(笑)
その後に発売されたハンマードブラスを購入。ブラスシェルにシンバルのようにハンマリングが施してある。
音はもろ「ブラス」って感じ。明るくてめちゃくちゃパワーあり。リハ後に耳が聞こえにくいのはこいつのせいでもある。
現在、東京のライブでのメイン・スネア。





 Pearl Free Floating BRASS  14"×3.5"

【コメント】
やはりFree Froatingを一度持ちたくて購入。
ピッコロが1台欲しかったので、またまたブラスシェルで。かなりカンカン言う。けど・・パワーが物足りない感じが・・ピッコロだし仕方ない?
現在、東京でのサブ・スネアとして、ひっそりと(近い)出番を待っている。





 Rogers

【コメント】
大学生の時に、ハンマード・ブラスでガンガンロックをやっていたら、先輩が「お前!うるさいばっかりじゃなく、
こう言う木のスネアも使わなあかん!」と言って、なぜかくれたスネア。(笑)
何年のものか?不明。たぶんメイプルシェル。






  PEARL FX series & Super Rack System

【コメント】
グラス・ファイバーシェル。雨に強い(笑)
"心の師"故・樋口宗孝氏をバリバリ意識したセッティング。めちゃくちゃ鳴ります。ライブでは最強。PA泣かせ。
特にちょっと強めにヘッドを張ってる「8"、10"」を叩いた時の「トューン」って言う独特の抜ける音が好き。
これはかなり昔に撮った1枚。またいつか、このフルセット組んでライブやりたいなぁ・・。





  REMO ロートタム


 
更なる情報:Further more information
TOYCATS STORY
CONTACS US
LINKS