TOYCATS (トイキャッツ) 本文へジャンプ
HOME Live Information Gallary Members Monthly Room Live Report Links What's New


Live Report Vol.2


TOYCATS



Live at

横浜SUNPHONIX
HALL

2009-09-06





● 演奏曲

0. Opening

幻想的な空間をしっかり演出したかったので、効果音を事前に準備した。
いやぁ。。始まっちゃいました!でもまぁ、ここまで来たらしっかりやるだけ。
三度目の展開で一気に音圧を上げ、盛り上げにかかる!(・・つもり。。(笑))
踊る阿呆に観る阿呆!同じ阿呆なら踊らせなきゃ損損!あと・・・前回同様・・
小さなミスより、大きな動きが我々のモットーです。
前回は、ギターのリフから始めたので、今回は、どうしてもそこを変えたかった。
なので!事実上の今回のオープニングを担当したのは、ドラムのK@zZ・・・
ともかく、こういうのって心臓の鼓動にあわせて走ってしまうので自分をいかに
焦らしていけるかの勝負!

         

1. When A Woman Loves A Man


しかしこのテンポ・・カッティングで弾くのには、リズムキープが微妙なスピードで
結構苦労するんですよね。(Live Video参照ください。。(笑))
16ビートの頭があってりゃいいのでは無く、カラ弾きの部分をうまく弾かないと
テンポが変な踊りを始めてしまう気がする。自分の場合、大きなストローク
で早く弾くよりは、短いストロークでゆっくり弾くように心がけてますが。。
でも・・・ま、こんなもんです(笑)。
それにしても、前回のライブ同様、皆さん、本当に温かい。。。それだけで
感動してました。

         

     K@zZ


2. Little Rock

二曲続けての、この曲の入り方は、TOYCATS風フェイクでした。
When A Woman Loves A Manのエンディングの決めを二度まわしたところで、REBECCAファンの方々は、既に温かい拍手をくれてましたが、更に二度、まわすと・・・
なんとなくHot Spice風に。。。でも実際は・・・
この曲でした。実は、リズムそのものは違うものの、テンポは結構、
When A Woman Loves A Manと合わせられるので、こんな始まりもありかなって思って!(知ってる皆さんにとっては、意外だったのでは?)



3. London Boy

MAYAからは、「Vocal殺し」と言われ、何度もお蔵入りしそうになってた曲です(笑)。
でもメンバーの強い要望に負け、この度、めでたくライブでの演奏にこぎつけました(笑)。


          

       MAYA



4. Killing Me With Your Voice

これは、ライブの後に何人かの方に、「この曲、好きなんだけどコピーバンドの中でも
やってくれるバンドが少なくて。。すごい嬉しかったです!」って言われた。。
またやりたいねぇ。今度はしっかり弾きたいねぇ。。(笑)


    

    HAPI


5. Cotton Time

この曲は、比較的アップテンポなバラード・・結構、メンバーみんなが好きな曲。
本当はもう少し、ゆっくりやった方が雰囲気ができてたかも。
しかし何故か、頭から一瞬にしてギターソロが消える事があるんですよねぇ。(笑)
今回はこの曲でした。。

見詰め合う二人・・・ここで二人の愛が芽生えた・・・わけでは、ありません(笑)。


      

    NAMIZO & MAYA



6. Super Girl

この曲はやっぱりいいよねぇ。ROCKしてるって感じがでてくる。
ちなみにMAYAは、この曲をイメージして衣装を選んだ。


                
                 
              YUKI   

7. Monotone Boy

TOYCATS風アレンジということでブレークを入れてみたりしてます。(何名かの方から「このブレーク、かっこいいね」って言ってもらえました。)自分達の個性を出さないと、本人らに勝てる技量は
備わっていないので。。この曲も、ROCKしてて、楽しい!やっぱライブは、ROCKじゃ!

            

      NAMIZO  

            

8. Private Heroine
今回も最後の曲にもってきてみました。
早稲田大学でのシークレットギグの構成でやるも、演奏内容そのものは、CDのヴァージョンを前提で
やってみたのも前回同様。ただ。。今回は前回以上に体力的な限界を感じてしまいました(笑)。

          
          RYU


9. Cherry Shuffle (Encore)

すみません・・・。どうもあのイントロ。。。得意じゃないっす。
みんな老体に鞭打って、一生懸命、がんばってました(笑)。

                  

           MAYA


● 振り返り
全体的に、今回も観客の皆様に助けてもらった所が、明らかに大きい。
自分達の想定していた時間から、本当に大幅にオーバーしてしまい、
かなり反省してます。(本当にこの件だけは、最悪です。録画ビデオの時間を
みて卒倒しそうになりました)。

はるばるお越しいただいた皆様、さんざんオールスターズの皆様、対バンの皆様、
本当にありがとうございました!